当サイトおすすめの走塁教材をご紹介します!


1位

走塁革命 屋鋪要の実践走塁術

 ◆元巨人軍の屋敷要選手が教える
 〜お子さんをチームで特別な存在にする方法〜
 ◆シングルヒットをツーベースヒットにする方法
 ◆アウトになりそうな状況をセーフにする方法
 ◆盗塁を成功させるテクニック
 ◆実践でお子さんの打率や得点力を
 高める技術を教えます!
 ◆4枚のDVDでトレーニング方法から細かく
 屋敷選手が子供と一緒に解説
2位

島田誠式少年野球走塁・盗塁テクニック

 ◆王監督の下で10年間1軍走塁コーチを担当
 ◆川ア宗則選手に盗塁王をとらせた練習法を
 少年野球向けに改良したプログラムです!
 ◆まずは指導者・お父さんから
 走塁への認識・意識を変えてください!
 ◆「走塁は野球の基本です!」

石井琢朗について

本名:「石井忠徳」

1970年8月25日生まれ、栃木県出身。174cm75kg。右投左打、ポジションは投手→三塁手→遊撃手。

1992年に三塁手転向、登録名を本名から現在の「琢朗」とする。

1996年に大矢明彦監督の方針により遊撃手に転向し定着。

波留敏夫と1、2番コンビを組み、走攻守揃った選手として活躍。

また永きに渡り、同年代で親友の進藤達哉と三遊間コンビを組んだ。

1998年には不動の1番打者としてマシンガン打線を牽引し、打撃面でも活躍。

チーム38年ぶりのセ・リーグ優勝、日本一に大きく貢献した。

2003年にプロ入り初の不振に陥るも、翌2004年には復活。

現在もトップバッターとしてチームを支える。

2006年5月11日、横浜スタジアムでの東北楽天ゴールデンイーグルス戦で、愛敬尚史から中前安打を打ち、通算2000本安打達成。

ドラフト外での入団選手としては秋山幸二以来2人目の達成。

石井琢朗関係の走塁の動画

絶妙の・・・

タイトル

盗塁王 - 1993年(24)、1998年(39)、1999年(39)、2000年(35)

最多安打 - 1998年(174)、 2001年(171)。

ベストナイン - 1997年〜2001年(遊撃手)。

ゴールデングラブ賞 - 1993年〜1995年(三塁手) 1998年(遊撃手)。